男女

雨漏り修理を依頼するなら|プロに任せれば安心

賢く家の建て替えを行う

工事

別の業者を利用する

木造住宅の場合、だいたい築30〜40年位経ったところで家を新しく建て替えるケースが多いです。新しい家を建てる前に、まず古い家を壊す必要があります。従来は、新居を建築するハウスメーカーや工務店に旧居の解体工事もまとめて頼んでしまうのが一般的でしたが、最近は解体工事の専門業者を利用する人が増えてきました。神奈川県内で営業している解体工事業者はたくさんいますが、数年前に比べると、家の建て替え工事の際に旧居の解体だけを別途依頼されるケースがとても多くなっています。なぜそうなってきたのかというと、その方がトータルでかかる費用を安く抑えられるようになるためです。家を建て替える側からすれば、節約できるところはキッチリと節約したいと考えるのが当然のことです。そのため、神奈川県内では、旧居の解体工事だけを別の業者に依頼する人が増加しています。

なぜ費用が安くなるのか

ハウスメーカーや工務店に旧居の解体工事を依頼した場合、実際の作業は系列の専門業者に下請けに出されることになります。ハウスメーカーや工務店は家を建てることが主要業務ですから、それ以外の業務については自分のところでは行わずに下請け業者に回すのが当たり前になっています。ただし、客との間で工事請負契約を結ぶのはハウスメーカーや工務店です。したがって、ハウスメーカーや工務店には下請け業者を監督する責任が生じます。施工管理業務が必要になるため、その分のコストを工事費用に上乗せして客に請求することになります。でも、解体工事業者に直接工事を依頼すれば、中間コストが発生しなくなります。場合によっては数十万円レベルでの節約が可能になるため、神奈川県内では旧居の解体工事だけを別業者に依頼するのが常識のようになりつつあります。先程も少し触れましたが、神奈川県内には評判の良い解体工事業者がたくさんいます。ですので、これから家を建て替える予定でいる人は解体工事業者の利用を検討してみる方がよいです。